• Home
  • 依頼分析
  • 四大学連携
  • English

埼玉大学 研究機構 科学分析支援センター

  • 設備予約システム
  • IASO

サービス

遺伝子解析 概要

科学分析支援センターは、独立行政法人化に伴い、生命科学分野を設置し、動物飼育室、ラジオアイソトープ実験施設の管理運用を行なう専任の教職員を配置することで、埼玉大学の生命科学に関する教育・研究の支援の拡充を目指しています。遺伝子の構造・機能に関する研究のために、新たに共焦点レーザー顕微鏡、MALDI-TOF-MSなどを設置し共同利用に資しています。また、遺伝子に関連する新しい分析方法、測定機器の紹介など、セミナーを開催し、教職員や学生の理解を深めるよう努めています。
なお、埼玉大学において遺伝子組換え実験を行なう場合には、埼玉大学遺伝子組換え規則に従い、遺伝子組み換え実験安全委員会の承認のもと行なわなければなりません。

遺伝子組換え実験の実施

  • 「遺伝子組換え実験計画書」を埼玉大学遺伝子組換え実験安全委員会に提出し承認を受けてください。
  • 遺伝子組換え動物を飼養および実験を行なう場合には、埼玉大学遺伝子組換え実験安全委員会と埼玉大学動物実験委員会の承認が必要になります。

遺伝子解析機器の種類

  • 共焦点レーザー顕微鏡
  • MALDI-TOF-MS
  • LC−MS

遺伝子解析機器の利用方法

「科学分析支援センター利用ガイダンス」、およびそれぞれの「装置講習」を受講することで使用することができます。

詳細については機器分析のページをご覧ください。

pagetop